EXHIBITION BOOTH DESIGN | SUPER PENGUIN INC.

第1章 ブースデザインのあり方

1.ブースデザインの前提条件


ブースデザインの基本は、「徹底的な来場者目線」です。

ブースデザインを考える時、その前提とするべき事項があります。それは、「来場者の気持ち」 会場の中を来場者の方々が見て回る時、どのように考え、どのように行動するのでしょう。そのことがブースデザインを考えていく上では重要な指標となるのです。

01|来場者は「つかまりたくない」と考えている。を前提に。

POINT1:来場者はより多くのブースを回りたいと思っているもの。
POINT2:来場者は簡単にはブースの中には入ってくれない。
 ブースをデザインする上での前提条件の一つに「来場者はつかまりたくないと思っている」と考えるべきと当社では考えます。来場者は、限られた時間でより多くのブースを回りたいと思っているはず。興味のないブースで長くつかまりたくはないと考えるべき。自分たちがショッピングをする時の気持ちを思い返しましょう。「店員につかまりたくないな・・・」そんな時がきっとあるはず。 では、そんな前提でブースデザインはどうあるべきなのでしょう。

02|来場者がブースの前を通るのは「数秒」。見るのは「一瞬」。

POINT1:ブースの前を通り過ぎるのは何秒かかるか。その「数秒」が大切。
POINT2:ブースに向いてくれた「瞬間」。それがもっとも重要な「気にかけてもらう瞬間」となる。
 来場者の方がブースの前を歩く時。その秒数はどのくらいでしょう? 大きな小間なら十秒以上はあるかもしれません。では、1小間なら? 2小間ならどうでしょう。・・多分ほんの数秒のはずです。ましてや、通路の両脇にブースがあった場合、反対側のブースを来場者が見ていたら我々のブースに気づいてくれないかもしれません。この数秒。そして、こちらのブースを見てくれた「一瞬」。そのわずかな間に、自分たちの商品・サービスに興味を持ってもらうこと。これがブースを考えていく上でとても大事な要素となります。ブースを見た瞬間に、「あ。何だか見てみたいな」と思わせること。これが成功するブースの一条件です。

2.理想的なブースデザインとは


ブースそのもので自然にお客様が集まるデザインが理想。
同じ300枚の名刺獲得でも、
計算して作られたブースで得た300枚と、人海戦術で集めた300枚では
見込み客が含まれている率が違います。

理想的なブースについて考えてみましょう。言うまでもなく、理想的なブースとは来場者がたくさん集まるブースです。しかし、ただ集まるだけではだめ。できれば、その中の多くが見込み客であってほしい、それが理想だと思います。来場者を多く集めるための方策として、スタッフを増強する、ノベルティーを配る、コンパニオンさんにお願いする、などの手法もありますが、当社はまず「ブースそのものが来場者を引き付ける」ことが重要と考えています。来場者がブースを見た時に、「何を扱っているか」がすぐに分かり、商品が魅力的に、分かりやすく展示されている。ブースに取り付きにくい雰囲気はなく、気軽に立ち寄れるブース。そのブースに何が展示されているのかが、一目で分かれば、その商品・サービスに関係する来場者はまず気になります。そして気になる、分かりやすい展示方法をしていれば自然とブースに寄ってみる。そんな流れをブース全体で作り上げることができれば、多くのスタッフやコンパニオンさんを動員しなくても自然にお客様は集まるようになります。そして、ノベルティーやコンパニオンさんは、そのような「集客を考えたブース」のさらに効果を高めるために活用すべきだと当社は考えています。