EXHIBITION BOOTH DESIGN | SUPER PENGUIN INC.

序章 集客のできるブースデザインとは

どのようにして集客のできるブースにするか。
集客ができるブースには確実なコツがあります。
ここでは、当社が考えるコツを少しですが掲載しました。

1.集まらないブース。その主な理由。

来場者が集まらない、には理由があります。

展示会に出展したが、思うように来場者がブースに集まってくれない。このような悩みを持つ出展社の方は多いと思います。当社は日頃様々な展示会場を歩いている中で、また、実際に日常的にブースが集まるための考え方について検討している中で、来場者が集まらないブースにはいくつかの共通点があると感じています。この項では、その来場者が集まらない理由について、大きく下記の5つに分けて記載してみました。

理由1 何を扱っているかが分からない。
理由2 ブースに立ち寄りにくい雰囲気になっている
理由3 特徴がない
理由4 全体的な印象が良くない
理由5 そもそも気づかれない

理由1はよくある原因です。ブースには大きく「会社名」を掲示してはいても「何を扱っているか」を書いていない、というパターン。来場者がブースを見る時間はほんのわずかな間です(当社ホームページ、「前提条件」を参照)。余程の有名企業でない限り、まず「何を扱っているか」が分かるようにすることは大事です。
理由2も大きな原因の一つ。特にスタッフの方がブースの前に立ち尽くして周囲を伺っているような状況。来場者からすればスタッフの方がブースの前に立ちはだかっていれば、近付きにくくなります。来場者が近寄りやすい雰囲気を作ることは大切です。来場者の方々がどうすればストレスなく自然にブースに近寄ることができるのかを考えましょう。
そして理由3。これは陳列している商品そのものが特に目新しいものではない、と言った場合もあるでしょうが、それとは別に、出展社が「あれも置きたい、これも置きたい」となり様々な種類の商品を数多く置くあまりに、会場内にどこにでもありそうな、「よく分からないブース」になってしまっている場合もあります。本来であれば来場者に響くはずの商品・サービスも「その他多数」を置くことで来場者の目に留まりにくくなっていることも考えられます。出展する自分達の商品(サービス)の「圧倒的な特徴」は何なのか、何をメインで出展するのか、特徴をはっきりとさせてから出展に臨みましょう。
理由4。これはブースの第一印象が悪い場合。雑然としていたり、暗かったり、スタッフの笑顔がなかったり、理由は様々にあるでしょうが、ブースを見た時に「しっかりとした商品を扱っているようには見えない」「中途半端な商品を作っていそう」など第一印象が悪いと、自社のブースより周囲のブースに目が行ってしまいます。人の外見が大事であるのと同様、ブースの第一印象も大切。出展する際には、時々ブースを遠くから離れてみて第一印象が悪くないか、客観的に確かめてみましょう。
最後に理由5。そもそも小間位置が悪かったりして、来場者が来ない場所である可能性があります。これについては、事前の準備段階がとても大切です。自分たちの小間の位置がメインの通りから外れてしまっていると予想される場合には、遠目からでも気づかれやすい大きなキャッチの文字を入れたりブース全体を派手な色にしてみたり、照明を一際明るくしたり、存在感を高める工夫を施す必要があります。
これ以外にもブースに来場者が集まらない理由はあるでしょうが。これらのことを解決するだけで、ある程度の集客は見込むことができます。
さて、出展しても「どうも集まらない」とお悩みの出展社の方。上記のどれかに心当たりはあるでしょうか。特に理由2に当てはまる方は多いと思います。理由2の対策としては、「動的待機」を行うことと「立ち位置」を変えること、そして通路際に商品を置くことですぐに解決できます。本ホームページではその点についていくつか簡単にではありますが書き込んでみました。

2.集客を成功させるためには

まず「ブースそのもの」で来場者を集められるようになることが重要です。

ネプコンジャパンブースデザイン

集客ができるように計算されたブースには自然に人が集まってきます。そして、そうやって集まってきたお客様にはターゲットとなる見込み客が多く含まれています。そのようなブースをどのようにデザインするか。展示会ブースをデザインする際には、ノベルティーやコンパニオンさんにお願いする前に、まず「ブースそのもので集客ができる力」を持っていることがブースデザインを考える上で大切なことになります。もちろん、商品やサービスに魅力があることは大切な要素ですが、例えばブース上部に掲げる「キャッチの言葉」や通路際の展示台に何を置くか、また、ブースに引き込む工夫など、来場者の心理に応じた計算されたブースとすることでターゲットとなる来場者に自分からブースに近寄ってきてくれるようになります。上記の写真のブースの場合、上部に「LED照明向けシリコーン」と書くことで何を扱っているかが遠目から一目で分かるようにしています。そして通路際の展示方法などに工夫を凝らすことで常に来場者が集まっている状況をつくり出すことができるのです。

3.ブースデザイン検討の構図

出展に成功する最強のブースは
出展社様側の知識と経験、ブースデザイン側の専門知識の双方が
うまく協調し合った時に完成します。

展示会ブースを作った時に最も効果のある時とはどのようなものでしょうか。当社の経験上、もっとも効果があった時は「出展社とブースデザイン会社、お互いの専門領域がうまく協調しそれぞれ最大限に力を発揮した時」だと感じています。出展社には当然商品・サービスに関する知識と経験、そして業界や競合の知識があります。これはブースデザイン会社のものにはどんなに勉強しても理解しつくせるものはありません。また、同様にどのようにすれば来場者が集まるか、どうすればセンス良くまとめられるか、どんな言葉ならキャッチとして響くのは、当社のようなブースデザイン会社の専門領域になります。お互いがそれぞれの専門領域を尊重し、力を最大限発揮できれば、そのブースは来場者がしっかりと集まるブースになります。

4.共通するもの

業種を問わず全ての展示会に共通するブースデザインの考え方があります。

よくお客様から、「この展示会でのご経験はありますか」と聞かれることがあります。もちろん経験のある展示会なら問題はないのですが、展示会の数は今の社会には数多くあります、現実には経験のない展示会の場合もあります。そんな時でも「何も問題はありません」と当社は必ずお伝えしています。それは前項でもお伝えした通り、ブースデザインには業種・展示会の種別を問わず共通する考え方があります。小間位置に応じた形状やキャッチの言葉の考え方などがそれに当たります。もちろん例えば最先端技術など専門領域の場合、もちろん当社には分からない分野もありますが、そこは出展社様の領域、当社はその部分をご相談しながらブースデザインを進めていきます。大切なのは双方の専門分野がお互い尊重しながら共に考えていくこと、と当社は考えます。

5.ブースデザインの方針 [5つのキーワード]


1.遠目と近目を使い分ける

ブースのデザインを考える時には、ブースの30m前、10m前、5m前、目の前、など来場者の目線に立ってその見え方を考えていく必要があります。例えば30m前から見えるものをどうするか。5m前に来た時に、周囲のブースよりもこちらのブースに寄っていただくためにはどうするか、目の前に来た時にブースの商品を手に取っていただくにはどうするか。ブースの検討に当たってはこのように遠くから見る目線の「遠目」と近くから見る目線の「近目」を使い分けて考えるようにします。

2.何を扱っているか、を分かりやすく

一般的にブースにはまず「社名を大きく」が一般的です。ですが、社名だけでは有名企業の場合を除いて「何を扱っているか」がわかりません。来場者にとってブースの前を通り過ぎるのは「一瞬」でしかありません(→別ページ「ブースデザインの前提条件参照)。その一瞬に来場者に何を伝えるか。それは会社名ではなく、会社の理念でもなく、まずは「当社はこれを扱っています」と伝えることがブースに立ち寄っていただくための第一歩です。

3.会話のきっかけをつくっておく

お客様がブースに立ち寄っていただいた時、どのようにお声掛けするべきか、日頃店舗に立っている方には問題のないことでも、展示会に出展される方は販売員経験はない方がほとんど。なかなかお声掛けしようにもタイミングはとても難しい場合があります。そうでなくても、来場者の方から「これは何ですか」などのお声掛けを逆にしていただけたら自然な形で会話がはじめられます。そのためにブース内に「気になるもの」を置いておくと効果的です。それはできれば営業会話のきっかけになるようなものならベストですね。

4.滞留させる工夫をする

ブース内に誰もいなくてスタッフさんだけが立って待ち構えている。そんなブースにはなかなか来場者は近づけないものです。でも、数名でも来場者がブース内にいると安心して近づくことができます。さらにブース内に人がたくさん固まっていると「何があるんだろう」と気になりますよね。そのためにブース内には「滞留時間が長くなるポイント」を作っておくと効果的です。もちろん営業の邪魔になってもいけませんので闇雲にいていただいてもよくないのですが、そんな「滞留ポイント」を部分的にある分には大丈夫です。例えば、何か作業をしてもらう、体験をしてもらう、など商品・サービスを知ってもらううえで有効なものを置いておきます。

5.五感で感じてもらう

商品を陳列する際には、出来るだけ五感で感じられるように置くと効果的です。「見る」だけではなく、手に取って実際に触って見れるようにすること。よくケースの中に商品を置く場合があります。高級感を出すという意味では有効な手段ですが、来場者にとっては「見る」という行動しかできないため、あまり強く意識には残らないと考えるべきです。手に取ってしっかり感じて帰っていただいた場合、後日になって「あの時の・・」と思い返す率を高めることができるのです。五感で感じて帰っていただき後日想起してもらうこと。商品の陳列で大事な考え方の1つです。

LOGICAL DESIGN|集客の手法