EXHIBITION BOOTH DESIGN | SUPER PENGUIN INC.

展示会後に出展の結果をお伺いしました。

当社のお客様に展示会後、ご意見をお伺いしてみました。出展してみて結果はどうだったのか、どのような理由で当社をお選びになったのか。こんなお声を聴きたくて当社は日々デザインを行っています。「企業の進化をデザインする」ことが当社の目標。今後も多くの出展者様が出展に成功し、会社が進化していく姿を見ていきたいと思います。

CASE-01

ITWEEKブース

IT WEEK | 株式会社 電産

名刺総獲得枚数1025枚、3年間で獲得率243%増。
 
毎年5月に行われるITWEEKでのブースです。株式会社電産様は2015年より当社に依頼していただいています。担当者様に展示会後に実績についてお伺いしました。「2015年より貴社とお付き合いさせて頂き、毎年来場獲得者が増えております。2015年はブースデザインや集客を一新したこともあり目標を前年比120%の530枚に設定したところ、総獲得枚数の結果は852枚。(2014年の結果枚数421枚に比べて)前年比202%と大きくクリアし、2016年は1086枚(2015-16は名刺交換及びバーコードでの合計実績)、更なるチャレンジした2017年は名刺のみの集計で1025枚と大成功となりました。この3年間で獲得率243%増という素晴らしい結果となっております。また数千万クラスの受注にも結び付いており大きな成果を得られています」
このように貴重な嬉しいご意見をいただきました。実は電産さんのブースはこの3年間基本的なブースの考え方は変えていません。ただ、毎年前年の反省点を活かしてバージョンアップしていくようにしています。また、電産さんの方で展示会ブースに置くキャラクターにしている「アヒル(当社では勝手にぴーちゃんと命名)」が来場者にとっての記憶に残る目印になっているのかもしれません。電産さんにブースの結果をお聞きしたついでに当社へご依頼いただいた理由についてもお聞きしました。「HP上で過去実績/作品集を拝見し、竹村さんの感性とカラーバランス、エッジが映える施工デザインが気に入りご来社頂きました。私個人としても大手飲食チェーンの店舗開発をしていた経験があり動線の引き方とブースへの来場者流入イメージと回遊経路の説明に納得する点が多々あり決め手となりました」とのこと。電産さんとはもう3年のお付き合いになりますが、当社を信頼し、全面的に任せてくださっているからこその結果だと感じています。当社も毎年電産の方々とは楽しく仕事をさせていただいています。
 

ITWEEKブースデザイン
ITWEEKブースデザイン

CASE-02

ビューティーワールドブースデザイン

BEAUTY WORLD JAPAN | 株式会社 協和医療器

200枚の目標に対し320枚。達成率160%。
 
株式会社協和医療器さんは今回のビューティーワールドが初の出展でした。当社のことはホームページで見つけてくださったのですが、初めてお伺いした際、お話をするうちに当社の過去に携わったブースも偶然印象に残っていらっしゃったようです。「あのブースも御社なんですか?」とのお言葉がとても嬉しかったのを覚えています。今回はビューティーワールドの「プラチナエリア」でのご出展。壁面のグラフィックとパッケージの大量陳列で遠くからのキャッチを狙い、通路際に商品を陳列することで来場者が立寄りやすいブースとしました。結果は常に展示台前には来場者が立っている状況。目標枚数も200枚を超え320枚となり、見込み客もかなりの数含まれていたそうです。当社へご依頼された理由をお聞きしたところ「プロフェッショナルな提案とこだわりの強さ。照明、カウンター、会期中のオペレーション等々」とのご回答をいただきました。そして「また一緒に仕事がしたいです。この手の展示会に沢山出られるように弊社も頑張ります!」と。このようなお言葉をいただくと当社もさらにがんばらないと、と感じます。是非今後1小間が2小間に、2小間が4小間に、と進化していっていただき、当社もそのお手伝いができればと思います。
 

ビューティーワールドブースデザイン
ビューティーワールドブースデザイン

CASE-03

ファインテック

ファインテック ジャパン | 日本写真印刷株式会社

名刺獲得数1100枚。後日営業へと繋がった枚数430枚。
 
NISSHA様こと日本写真印刷株式会社様は昨年の三次元加飾展以来複数の部署、展示会でご依頼いただいています。NISSHA様のご担当者様は実は初めは当社主催のブースデザインセミナーにお越しいただきました。今回のこのブースは4月に行われるファインテックでのブース。小間位置を考慮し、内部方向集中型のブースとしました。ブースの中心に「来場者が固まるポイント」を敢えて設定し、少人数でも「集まっている感」を出すようにしています。結果は3日間の名刺獲得総数は1100枚。そのうち見込み客として後日営業に繋がったのが430枚とのこと。NISSHAさんの担当者様に当社にご依頼いただいた理由を改めて聞いてみました。「話したことがあるかもしれませんが、自分たちでデザインをしていたこともあり、Webサイトでブースをリサーチしていたところ、御社の製作されたブースの写真が偶然集まっていました。
商品が主役であること/人に認識されるための工夫(グラフィック処理)/新しい試み(チャレンジ)/スッキリ、整然とした構成(変な曲線がない)
 また、セミナーに参加させていただき、制作する上でのポイントを把握されており、多くの案件に取り組まれた実績をどんどん新しい案件で試して、さらなる実績を生み出されている点から信頼することができました。」とのお言葉。当社にご依頼になる前、WEB上で気になったブースの写真を集めていたところ偶然当社のブース写真が多かったのだそうです。ご依頼の後このことを聞いた時には「縁なんだな」と嬉しく思ったのを覚えています。
 

ファインテック
ファインテック
ファインテック

集客の実績