0039_94a6948.jpg 国際化粧品展 ブースデザイン 0027_94a6933.jpg 国際化粧品展 ブースデザイン 0026_94a6931.jpg 0017_94a6794.jpg 0003_94a6766.jpg 0079_94a6981.jpg 0085_94a6990.jpg 0025_94a6930.jpg 0088_94a6994.jpg 0089_94a6995.jpg

HOME | 集客の考え方 | ブースデザインの「前提条件」

DESIGN FACTOR

ブースづくりの「前提条件」

ブースづくりの「前提条件」

PREREQUISITE FOR BOOTHDESIGN


 ブースデザインを考える時、何を基準にして考えていけばよいでしょうか。それは「来場者がどのように感じるか」。つまり「来場者心理」になります。当社ではブースを考える際には「徹底的な来場者心理」が重要、とお伝えしています。「徹底的な」とは、「来場者がどう感じるか」だけでなく「どう動くか」も含めて細かくその心情、行動を考えましょう、というもの。それらを考えてた時に、ブースデザインを考える際にはその前提とするべき条件があります。来場者が、自社のブースに近づいてきた時どのように感じるのか、どう動いていくのか。そのことがブースデザインを考えていく上では重要な指標となるのです。

 

01|来場者は「つかまりたくない」と考えている。を前提に。

POINT1:来場者はより多くのブースを回りたいと思っているもの。
POINT2:来場者は簡単にはブースの中には入ってくれない。
 

ブースをデザインする上での前提条件の一つに「来場者はつかまりたくないと思っている」と考えるべきと当社では考えます。来場者は、限られた時間でより多くのブースを回りたいと思っているはず。興味のないブースで長くつかまりたくはないと考えるべき。自分たちがショッピングをする時の気持ちを思い返しましょう。「店員につかまりたくないな・・・」そんな時がきっとあるはず。 では、そんな前提でブースデザインはどうあるべきなのでしょう。
 
 

02|来場者がブースの前を通るのは「数秒」。見るのは「一瞬」。

POINT1:ブースの前を通り過ぎるのは何秒かかるか。その「数秒」が大切。
POINT2:ブースに向いてくれた「瞬間」。それがもっとも重要な「気にかけてもらう瞬間」となる。


来場者の方がブースの前を歩く時。その秒数はどのくらいでしょう? 大きな小間なら十秒以上はあるかもしれません。では、1小間なら? 2小間ならどうでしょう。・・多分ほんの数秒のはずです。ましてや、通路の両脇にブースがあった場合、反対側のブースを来場者が見ていたら我々のブースに気づいてくれないかもしれません。この数秒。そして、こちらのブースを見てくれた「一瞬」。そのわずかな間に、自分たちの商品・サービスに興味を持ってもらうこと。これがブースを考えていく上でとても大事な要素となります。ブースを見た瞬間に、「あ。何だか見てみたいな」と思わせること。これが成功するブースの一条件です。