HOME | セミナー | 展示会セミナー[METHOD]

METHOD/

METHOD/ コロナによる展示会ブースの変化と成果を出すための手法[展示会出展者向け]

METHOD/は、当社が日頃ブースのデザインを行っている中で、この手法を用いれば集客に成功する、と実感した手法、実際に集客に成功した手法をとりまとめてお伝えいたします。常に出展者に寄り添い、共に「出展成功」を考える立場だからこそ気が付くこと、展示会ブースを行う立場だからこそ気が付くことをお伝えいたします。
ブースセミナー

 

展示会セミナー METHOD/ OSAKA

対象者|出展者・代理店・展示会主催者・地方自治体・中小企業支援団体・設営会社等

 
初の大阪開催。展示会への出展を考えている出展者様向けのセミナーです。コロナ状況下での展示会出展。その中で確実に出展の成果を出すためには何を気をつければよいのでしょうか。当社はこの1年間での経験から、ポイントは「来場者の滞留時間」のコントロールだと考えています。もちろん、当社が日頃お伝えしていることも大切です。例えば、キャッチの言葉をどのように考えるか。照明の当て方はどうするのか。陳列の考え方。壁面パネルの考え方など。キーワードは「徹底的な来場者目線」。展示会の最新状況とともに、これまでに当社が実際にデザインした事例、成功事例を基に、具体的な解説を行います。出展者の方だけでなく、行政関係者の方、中小企業支援団体の方、そして展示会関係者の方も是非ご参加ください。


対象者:
展示会出展者・地方自治体・中小企業支援団体・設営会社・代理店等
※展示会業界関係者の方も是非ご参加ください。
 
開催日:
7月14日(水) ※終了しました。次回東京にて11月上旬開催予定です

   

開催時間:
15:00~18:00(受付開始14:40)
 
募集人数:30名
 
会場:
大阪デザイン振興プラザ 
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟10F
ODP HPへ
 
 
参加費:15,000円(税抜)/人 (税込16,500円)
 
お支払方法:
1.会場にて直接お支払いください(領収書準備しています)
2.セミナー後の請求書送付でも対応可能です。
 
※スーパーペンギン製作「テキスト」付
※当日はソーシャルディスタンスを確保した座席配置にて行います。
※受付にて検温・消毒を実施いたします。
※マスク着用をお願いいたします。大声での会話はお控えください。

 

内容
 
第1章 はじめに
1.  本セミナーの目標
2.  プロフィール
3.  事例解説
 
第2章 展示会ブースの変化
1.  現状の展示会状況
2.「成果思考」とは?
3.  展示会ブースをどう考えるか
 
第3章「オンライン活用」の手法
1.  展示会における「オンライン」の取り入れ方
2.「遠隔参加」を行う場合のポイント
3.  リアルブースの機能を補完する手法
 
第4章 展示会ブースの基本概念
1.  来場者が集まらない「5つの理由」
2.  成功するブースとは?
3.  展示会出展「4つの目的」
 
第5「事前準備」段階での施策
1.「出展の目的」を明確にする
2.「ターゲット」を明確にする
3.「事前調査」を行う
4.「魅せる商品」を明確にする
5.「事前準備」を行う
 
第6章「ブース計画」段階の施策 
1.「何を扱っているか」を掲示する
2.「通路際」を活用する
3.「陳列」を検討する
4.「滞留時間」を延ばす工夫をする
5.「立ち方・待ち方」のポイントを知る
 
第7章 さいごに
1.  まず、やっていただきたいこと
2.  アフターコロナの展示会の姿とは
 
※セミナー内容は開催までに変更の可能性があります。
 予めご了承ください。